個人再生 返済に苦悩する毎日に終止符を打ち、新しい生活へ

個人再生とは

個人再生とは、例えば500万円の借金のある個人が、収入に応じて支払える額(3年間で200万円)を返済するという計画を立てて、この再生計画を裁判所が認めて、実際に3年の間に再生計画どおりに返済できたら残りの300万円の借金が免除されるという手続きです。つまり、3年間きちんと返済できれば残りの借金がなくなるわけです。

破産・免責と異なり、住宅を手放さずに手続きができます。また、任意整理よりも借金が圧縮されるため、返済が楽になります。自己破産すると宅地建物取引主任者、生命保険外交員、損害保険代理店、証券会社外務員、警備員など資格を失います。これに対して個人再生では、このような資格制限がありませんので、資格を失わなくてすみます。

解決事例のご紹介

個人再生事例紹介 〜Gさん(40代・男性)の場合〜
イラスト

Gさんは住宅ローンを組んで夢だったマイホームを手に入れ、転勤などもあり転職をしました。最初は順調だったのですが、不景気の影響のあり業績が伸びず収入が大幅に減ってしまいました。ローンの支払いと生活費のために6社の消費者金融からお金を借りるようになり、住宅ローンのほかに借金が500万円にふくれあがってしまいました。

解決へ向けて

Gさんは定期収入があることから、個人再生を申請しました。借入総額が1/5となり、3年間で月3万円弱の返済となりました。毎月の返済額が大幅に減り、家を手放さずに済みました。妻もパートで生活費を補ってくれていますので、今後の生活に見通しが立ったと喜んでいただけました。

借入先 借入期間 借入額 整理後
A社 18年 125万 25万
B社 14年 115万 23万
C社 10年 85万 17万
D社 7年 80万 16万
E社 5年 50万 10万
F社 3年 45万 9万
債務整理前後
債務整理前後
料金について

お問い合せ

ご相談お問い合せ
ご相談お申込み用紙にご記入の上FAX